JPドメインの移転は非常に面倒な話

JPドメインの移管には2種類あって、ひとつは「指定事業者変更」、もうひとつは「ドメイン名移管」という2種類が有ります。それぞれのドメインで使っている会社を変える方法は様々なのですが、このサイトのドメインを管理している会社をネットオウルからさくらインターネットへ指定事業者変更をしました。

指定事業者変更とドメイン名の移動の違い

comやnetなどのgLTDドメインと呼ばれるものに関しては、ドメイン移管と呼ばれるもので、ドメイン毎に移管をすることが可能です。例え、Whois情報公開代行をしていてもメールアドレスの変更が個別にできれば移管することが可能になります。

jpドメインは非常にややこしく、普通にドメイン名で業者を変更すればいいものを...と思いますよね。過去にドメイン移管もした事がありますが、どちらも非常に面倒です。

両者の差を記載しますと、以下のようになります。

  • 指定事業者変更...登録者に紐付けられているドメイン全てを移管する
  • ドメイン名の移動...ドメインを移管する

指定事業者変更をする場合、1つのjpドメインを移動するためには他にjpドメインを持っていないもしくは複数持っている場合でも登録者の情報が異なる場合のみ移動することが可能になります。

このようなことができない場合は「ドメイン名の移動」ドメイン名の変更は今までの情報を引き継がずjpドメイン名を第三者に取得されるリスクが無く業者を変更する事が可能になります。この場合は、取得日などの情報なども変更されてしまいます。

JPドメインを移動するときは手順が異なる

.comや.netであれば、このようにレジストラロックを解除した上で認証キーがあれば移転できます。

screen-20150313101543

しかし、jpドメインの場合は異なる内容が記載されている場合や、記載されていない場合があります。そのため、マニュアルがある場合はマニュアルを確認し、記載がない場合は一度お問い合わせをする必要が有ります。

指定事業者変更をする場合、以下の様な手順で変更されます。

  1. 現在管理しているドメイン事業者へ移転することを知らせる
  2. 新たに管理を依頼するドメイン事業者へ転入する申請をする
  3. 承認が降りることを暫し待つ(JPRSを経由して業者間で申請をします)
  4. ドメインが移動する

gLTDドメインであれば(.comなど)、移動時にWhois情報の変更が必要な程度ではありますがユーザー側で承認を出したりする作業があります。しかし、jpドメインはドメイン管理をしている業者での作業が多くあります。

そのため、マニュアルに書いていないことやわからないことがあれば素直にメールでお問い合わせをしたほうが良いかと思います。